葬式での正しい服装とはどのようなものか

葬式での服装には細かい決まりがあります。
学生であれば、セーラー服や学ランでよかったかもしれませんが、大人になればそうはいきません。
地域によって決まりは多少あるかもしれませんが、基本はブラックフォーマルなスーツです。
男性は、光沢感のない、スーツ、靴、ネクタイを着用しましょう。
女性は黒いワンピースに、黒いストッキングを着用しましょう。
アクセサリーは一連のパールのネックレスくらいで、華美なものは避けましょう。
また、女性の場合はスカート丈にも気を付けなくてはいけません。
葬式は正座をするので、長めのものでなければいけません。
ヒールも太すぎず、細すぎず、フォーマルなものを選びましょう。
香水はつけてはいけません。
もちろんネイルもつけないほうがいいでしょう。
このように、単にブラックフォーマルと言っても、細やかな決まりごとがあるので、あらかじめしっかり理解しておく必要があります。
突然参加することになるかもしれない行事なので、当日慌てないためにもしっかり準備しておくと安心です。

無駄を省いた手価格な家族葬プラン
過去のお客様の声をもとに、無駄を省いてコストを軽減

熟練職人による本格仏具

最新投稿

  • 横須賀市で格安の葬儀業者を探すには

    神奈川県横須賀市には、多くの葬儀業者があります。
    大手の業者もあれば小規模の業者もあります。< …

    続きを読む...

  • 家族の死で初めてわかったお葬式

    去年の6月に父が亡くなりました。
    親せきや知人の葬式には出た事はありましたが家族の葬式は初めて …

    続きを読む...

  • 家族の葬式は、笑顔で送りました

    どうしても湿りがちになるのが、家族や知人の葬式といえます。
    まわりの友人でもそうですが、身内と …

    続きを読む...

  • 私は、あの時確かに土葬を望んだ

    祖母が去年に亡くなったとき、私は父母と共に見送りました。
    亡くなる病室から、火葬場、お墓まで。 …

    続きを読む...